<< 淡路島での仕事 | main | 制作例 シャンデリアと看板 >>

しまこや珈琲

しまこや珈琲



兵庫県南あわじ市福良丙356-31



自家焙煎珈琲豆専門店



ようやくOPENされた珈琲豆屋さん。



拘りに拘りぬいた自家焙煎。



大きな焙煎機。



御縁は、鎌倉での展覧会にたまたまご来場されたことが始まり。



数年後、このようにお店をてがけさせて頂くこととなりました。



店舗完成後、焙煎機やドリップの調整を終えられ、4月5日にOPNENされました。





しまこや珈琲 Atelier Key-men 照明 オーダーメイド

目の前が瀬戸内海。とても雰囲気の良い淡路島最南端です。



店舗照明 看板 カフェ

戸建の店舗ということで、多くの方々にお手伝い頂きました。



アトリエキーメン 照明作家 店舗デザイン

看板は、焙煎機が据わり、動き出した2015を記念して年号記載。





OPEN当日もオーナーさんの淹れるコーヒーの匂いでいっぱいのしまこや珈琲。



ファサード 店舗窓 デザイン

店舗正面の大きな窓は、特注で作ってもらった回転窓。

建具屋さんを悩ませました。



店舗デザイン 設計 照明

表看板は、シンプルに。もちろん、ポストは、いつものKey-menスタイル。



珈琲 淡路

カウンターは、木造作とアイアンで構成。 

豆売りが基本となるため、シンプルに・・がご希望でした。  





こちら、OPEN当日に頂いた私にとっての最初の一杯。

感無量の美味しさでした♪

頂いた銘柄は、ドンパチ・パナマ・ティピカ

酸味がある浅炒りが好きです。





店内には、お祖母様の持ち物だった和家具をリメイクしたものや、コートハンガーなどウチが作ったものがぎっしり。





トイレ、手洗い周りや階段、手摺、諸々。。制作



アイアン手摺 滋賀

店内には2Fもあり、広々しております。

珈琲ドリップ教室などオーナーご夫妻がこれから色々な展開が出来るよう、ニュートラルな空間になっております。

ゆっくり育てていかれるとの事。





2階へ上がると福良港と煙島を一望できる大きな窓。

その場所では、手紙を書くために用意された文机が3台。

私が展覧会で開催した「手紙を書くため」をそのまま持ってきた場所です。



オーナさんご夫妻がこの空間作りを是非珈琲豆屋さんで作ってほしい。。。とご依頼頂いたお仕事です。



オーナーさんは、高学歴の漫画家と多才な旦那様と、和太鼓奏者で毛筆の師範代の奥様。

お二人でお遍路さんに行ったりと、話題がギッシリなお二人。



そして、二人とも「書く」と言う事をすごく大切にされており、私のところに手慣れた手紙もサラっと送られてくることも。



手紙を書くスペース

2Fの文机に座ると、ほら。 海です。 

朝昼晩・・ずっと眺めてられます。





手紙を書くため コンパス

ほーらほら♪



あなたも、ここで旅先からの手紙。。。書きませんか?









長田さんご夫婦が、出迎えてくれます。



詳しくは、こちらまで「しまこや珈琲 BLOG」



住所:兵庫県南あわじ市福良丙356-31

Google マップ しまこや珈琲

TEL 090-7228-8862

























at 18:33, key-men, -

-, -, - -