大阪での展覧会 「手紙を書くため」 終了

ご報告が遅くなりました。

先日、無事に大阪での展覧会が終了致しました。

大変多くの方々にお越し頂け、手紙もたくさん生まれたようです。

もとは、鎌倉から始まった「手紙を書くため」

そして、「手紙を書くために作った電気スタンド」が出来上がり、初めて人に見せた相手が片桐功敦さんでした。

アトリエに遊びに来られ、スタンドを見て一言。

「ウチでやろうよ。」

と。

朝日新聞のコラムニストもこなす片桐功敦さんは、その日が原稿の締め切りだと言う事で、こんなお話を書いて下さった。→ 朝日新聞「シゼンノカケラ」


あれから1年半・・・。


会期の後半、金曜日。

この日、私は静かな会場で本を読んでいました。

  
「ボールペンとえんぴつのこと―銀座の小さな文具店」
今回、展覧会にお力添え頂いた東京の銀座にある文具店「五十音」の店主さんが書かれた本です。

もともと道具好きの私は、無条件に文具好きです。


手紙を書くための道具=電気スタンドや文具 同じ枠組みです。



その後、チラチラとお客様がお越しになり、便箋を選び、机に向かわれていました。

 
やはり、いいものです。手紙を書く背中。

 
誰かの事を大切に思いながらペンを走らす。。。


手紙の展覧会を始めるまでは、個展とは、設営完了後に完成した空間をお客様に見て頂く。。と言った感じ。

しかし、この展覧会を開催し始めてからは、違いました。


手紙を書くための空間を作り、そこで誰かが手紙を書く・・・

常に誰かが誰か宛に手紙を生み、そこで色んな感情が生まれ、全てを優しく包み込み、色づいた空気が丸くおさめる。。。

そんな一連の流れ自体が私の表現となりました。


 
少し日が暮れだすと、あちこちにある電気スタンドで会場全体が色付き始めます。

いい頃合いに私は、会場にあるサロンスペースで休憩。

 
会期中後半にお力添え下さった出張カフェ「ツックル」のきっしやん。素敵な方でした^^

 
片桐さんコレクションの中でコーヒーとアジアンなサンドイッチ。

本当に美味しくて、来場者にも大人気のツックル^^


 
そして五時半を過ぎたころに、デザイナーさん達が作ってくれたレターセットを購入し、私もゆっくり手紙を書きました。





1週目の床の間にはミモザ。2週目は桜と椿。

  

皆さんお花を眺めて、一息ついてから手紙を書き始める。

今回の会場で自然に出来たルールのようでした。

手紙の展覧会は、会場ごとに少しずつルールが違います。順番待ちの方法や、貸し出し文具の使い方など。
といっても、来場された方々が、自然に作っていかれ、次に来られた方が、自然にその流れに乗られる。。。

とても礼儀のある方ばなりです^^

手紙に不慣れな男性なども、初めは照れくさそうに。しかし、すぐに場に馴染まれます。


皆さんのお陰で良い空間が作れました。心よりお礼申し上げます。


 
夜になっても、ゆっくり手紙を書かれる背中が温かい主水書房でした。



 
今回、片桐さんの声掛けで賛同下さったhandsome designさんとglafの置田さんが最後のお客様でした。








at 09:45, key-men, 「個展」手紙を書くため 大阪

-, -, - -

始りました。 大阪 「手紙を書くため」


本日、無事に大阪堺市での展覧会を開催させて頂きました。



昨日までの寒さがウソように暖かく、会場のあちこちに春の花が活けられております。


来場者も早速、各テーブルの上にある一輪挿しの花を眺めながら、手紙を書き始めておられます。






会場の一角には照明などを販売する書房があり、銅の照明がしつらえてあります。




五十音さんのセレクト文具やアーティストの方々が作って下さった数量限定のレターセットなどの販売コーナーもあります。
嵐山での「手紙を書くため」の際に作った私のレターセットも販売致しております。

つい。私も筆箱とレターセットを購入。



また、夜の雰囲気もBlogにアップしたいと思います。


お時間のある方は、是非会場に足をお運び下さい。




あなたも手紙を書きにきませんか。





at 14:52, key-men, 「個展」手紙を書くため 大阪

-, -, - -

 展覧会 「手紙を書くため」 大阪

「手紙を書くため」
      -手紙を書く為の灯りの提案とその周辺-



【開催日】2010年3月12日(金) 〜15日(月)/19日(金)〜22日(月祝)
        
【開場時間】12時〜19時

【会場】主水書房  〒590-0041 大阪府堺市堺区陵西通り2-15
    TEL:0722-27-7980


    
「手紙を書くため」という展覧会は、
滋賀在住の照明作家村井賢治さんが数年前から行っている、少し素敵な会。
銅を叩いたり、炙ったりして作られる村井さんの灯りたちは
シンプルで、素朴な表情がやさしくインテリアに馴染みます。
そんな灯りたちを、村井さんは「空気に色をつける道具」と呼びます。
あるとき出来上がった灯りを見て、「この光はなんだか懐かしくて、
誰かに手紙を書きたくなるな。」と思い立ち、
それから折に触れて、色んなギャラリーやお家を自作の灯りたちで照らして、
手紙を書く会を開いてきました。
書きかけの手紙や、書きたかった手紙。
まだ言葉が見つからなくても、ほのかな灯りが背中を押してくれるかも知れません。
村井さんの灯りの下、少し気の利いた文具やレターセットなどをご用意してお待ち致しております。
あなたも手紙を書きにきませんか?


【村井賢治プロフィール】
1978年 滋賀県生まれ。照明作家、Atelire Key-men主宰。
2001年より銅を使った照明作品を作り始め、
2006年に照明からインテリアを考える工房[Atelier Key-men]を設立。
個展を中心に作品の展開をはじめる。
2007年近江八幡市の古民家を改装した複合ショップ「尾賀商店」をプロデュース、
自らも自作照明器具のショールーム「switch」を出店し、
照明にあった古い家具や道具をセレクトし販売も行う。
「手紙を書くため」のイベント型展覧会はこれまでに関東、関西圏にて数回行われ好評を博している。
メディアの掲載やラジオ、テレビの出演も多く、滋賀を中心に店舗やショールームなどのディレクションも多数。


【関連企画】
会期中、アーティスト、デザイナーによるオリジナルレターセットや銀座にあるボールペンとえんぴつの店「五十音」によるセレクト販売を行っています。
3/20〜3/22の3日間は出張カフェも予定しております。

アーティスト、デザイナーによるオリジナルレターセットの販売
参加作家
置田陽介 grafデザイナー
津田直  写真家
handsome desigh デザイナー
森ひろこ イラストレーター
森田春菜 陶芸作家




私自身の在朗予定日は、12日(金) 15日(月)
           19日(金) 20日(土) 21日(日) 22日(月)


           

皆様のお越しを心よりお待ちしております。




前回までの「手紙を書くため」
2008,10 鎌倉
2009,2 目黒
2009,8 嵯峨野 嵐山 (1)(2) (3)

at 09:38, key-men, 「個展」手紙を書くため 大阪

-, -, - -